社報LEVEL
福岡市より「工事成績優良業者」として表彰されました。

令和2年1月28日、福岡市発注の「唐の原第1雨水幹線築造工事」が「福岡市工事成績優良業者」として表彰されました。

image4.jpegDSCN3715 (3).JPG

          

本工事は福岡市の浸水対策整備事業の一環として泥土圧シールド工法及び推進工法で仕上がり内径2,600㎜の雨水管渠を築造する工事でした。工事の特徴として、シールドマシンの搬入組立や資機材等を取り込む発進ヤードは閑静な住宅街に位置し、狭く設備配置のし難い三角地帯の形状で、集合住宅が隣接した場所であり、昼夜作業のため、発進ヤードでは騒音対策として防音ハウスを設置して、工事を進めました。
 主な工事としては、発進立坑から上流側にシールド工法で約580m、下流側の海側に推進工法で約28mを掘進する工事でした。
 シールド工法の主な特徴としては、全長の約半分に位置にする香住ケ丘公園内に中間立坑を設け、発進立坑より発進したシールドマシンが中間到達及び再発進し、更に掘進し工事終点にて地中到達させ管渠を築造するもので、また海側河川敷内に到達立坑を設け発進立坑より推進工法にて管渠の築造も行いました。

工事を進めるにあたり、バーベキュー大会の開催や河川や海岸清掃ボランティアにも積極的に参加して近隣住民の方とのコミュニケーションを図るとともに、生活道路や通学路として使用している道路を工事車両が通行するため、朝の大型車両の通行を9時以降にするなどの配慮を致しました。

 今回昼夜施工を伴う工事でしたが、近隣の皆様方へ御迷惑をお掛けすることもなく無事に竣工を迎えることができ、この様な表彰を頂けたのは発注者である福岡市の御担当者様のご指導・ご鞭撻と近隣の方々のご理解・ご協力そして本工事に携われた関係者の努力の賜物だと皆様に感謝申し上げます。

 今後とも福岡市の発展を願い、安全第一と品質向上をはかり工事を進めていく所存でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【工事概要】
[発 注 者] (設計・監督)福岡市道路下水道局建設部 東部下水道課
[工 事 名] 唐の原第1雨水幹線築造工事
[工  期]  2017年3月25日~2019年7月31日
[工事内容] 泥土圧シールド工 掘削外径φ3,480㎜  仕上り内径2,600㎜
        延長L=587m、推進工内径2,600㎜ 延長L=28m
        立坑3箇所(発進立坑、中間立坑、到達立坑)、特殊人孔2箇所
[請 負者 ] 清水・松本・オカトク建設工事共同企業体



サイトマップリンク集個人情報保護方針このホームページで使用している文章及び写真はすべて株式会社松本組にて管理しているものです。無断での転用は禁じます